アプリ ASOでキーワードの狙い所を間違えてしまった事例

Published on 5月 24th, 2016 | by 杉山 拓也(すぎやま たくや)

0

【ASO Tips】狙い所を間違えたキーワード設定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ASOTips今回は、スタガレASOニュースレターの中から、ASOで狙い所を間違えたキーワード設定をしてしまった事例、に関する話題をピックアップしてお届けします。

 


■ キーワードの狙い所を間違えて苦戦してしまう事例

かなりASOをやりこんでいるアプリでも、キーワードの選定で思わぬカテゴリ
と競合して非常にもったいない順位になっていることがあります。

例えば、SNS系のアプリで写真アップロードの機能があるからといって、
「写真」系のキーワードを設定している場合。
「写真」関連のキーワードは、競争がかなり激しいカメラアプリ、写真加工
アプリ、アルバムアプリなどがこぞって設定しているキーワード。
アプリ数的には1000〜2000件の検索結果が出てきます。

【たとえば・・・】
SNS系で「写真」や「写真加工」
睡眠記録で「ダイエット」
ニュースキュレーションアプリなのに「占い」
販促アプリで「ポイント」系

同じく「ダイエット」関連もかなり競合がひしめいている上に、お悩み
商材だからか、収益性もそこそこ高いようでアフィリエイター含めて
かなりの数のアプリが出ております。

加えて、こうした人気ワードは個人アフィリエイターがスパムギリギリの
ASO対策などを施していたりするので、間違ってもリジェクトを食らえない
企業のアプリは苦戦を強いられるのが常です。

ASOでキーワードの狙い所を間違えてしまった事例

■ アプリの機能の即したワード選択は必須、しかし選ぶ必要はある
ですので、同じくお悩み商材でアフィリエイター的なスパムギリギリのASO
対策を施しているアプリの多い「占い」なども出来れば避けたいところです。
アプリの機能にあるワードを選択する、という作業フローは必須なのですが、
例えば・・・
・初月にキーワードを設定してみて、アプリの素質(デイリーDLやDAUやレビュー)
がよく、高順位に入ってくれればそのままキーワード固定
・もし、初月の成績が思わしくないようであれば、こうしたおいしくないワードを
あえて回避して、周辺ワードを攻めていくか、フォーカスしたいキーワードに
注力する。
というのが基本の戦略になってきます。
今回のニュースレターはここまでです。
もっと話が聞きたい、コンサルについて詳細を知りたい、という場合には、スタガレWebサイトからお気軽にお問い合わせください。
あ、御社名とアプリ名もお忘れなくご記入くださいね!
よかったら、ASOニュースレターもご購読ください!

過去300アプリ以上+自社アプリのASOノウハウを元に、専門家がAppStore、GooglePlayのストア内検索を最適化します。
※ASO実績アプリ数急拡大しました。ありがとうございます。
1.キーワード選定
2.タイトル・ディスクリプションライティング
3.推移の確認
ご希望の方はスターガレージまで、御社名・アプリ名を明記の上、メールください。
この記事の元ネタになっているASOニュースレターもよかったらご購読ください。

Tags: , , , , , , , , ,


About the Author

杉山 拓也(すぎやま たくや)

(株)スターガレージ創業者/CMO。AppStore/Google Play検索エンジン最適化(ASO)コンサルタント。今後は広告事業を展開予定。 スターガレージはGMO、GREE、NAMCO、NEC、SONY、SQUARE ENIX、CCI、サイバーエージェント、セガ、東芝、日立システムズ、ヤフーなど業界で活躍してきた専門家集団で構成するサービスへと拡大し【貴重なアプリをより多くのユーザーへ届ける】ことを使命としており、大手企業・有名アプリなどの実績多数。 AppStore/Google Play内検索順位表示サービス「AppSEO」の詳細はこちら





Back to Top ↑